fc2ブログ

2015-02

リフォームその2 (2013年9月14日~30日)


 週は変わって9月14日(土)。今日から敬老の日まで3連休で、いよいよフローリング材の重ね張りの開始。使った床材は大建工業のリモデル用床材グラフィアート6T、カラーはダルブラウンにしました。1箱6枚入り(1坪用)標準価格16,000円が送料込みで11,670円。置き場所を考え、まずは6ケース注文しました。
 部屋の隅は、真っ直ぐなようで結構曲がっています。1枚目はその曲りに合わせて誤差3mm以内にカット。誤差が大きすぎると巾木の厚みで隙間が隠しきれません。
 取りあえず8畳分をカットしながら仮置きして、様子を見てみます。
「いきなり貼り付けて、途中で曲がっていることに気がついても遅いでござる」


 襖の敷居のところは巾木を貼りませんので、隙間ができたらごまかしができません。慎重にカットして、何とか隙間無く仕上がりました。



 いい感じで仕上がってきました。


 室内でカット位置を決め、1枚ずつ外へ出してカット。室内に持ち込んで仮置きの繰り返しですから、なかなかはかどりません。ようやく6畳分位進んだところで、時は既に夕方の5時。
「旦那、今日はCRESTツーリングシリーズ9月戦のナイトレースでござる」
「いいところまで進んできたから、レースはパスしようか」
「田端頭領が淋しがるでござる」
「しょうがない、ではレースに行ってくるか。今日はここまでじゃ。八、後は任せたぞ」

 翌15~16日にかけて、接着剤と格闘しながら、リビング8畳分の貼り込みが終えました。

 進めていくうちに廊下と玄関も張り替えることにして、床材6ケースとと玄関の上がり框(かまち)を注文しました。
「旦那、床材が1ケース多いでござる」
「切り損なったら、足らなくなるであろう」



 さらに翌週21~23日(秋分の日)までまた3連休。今週はダイニングとキッチンに取りかかります。まずはダイニングからですが、その前に食卓や机、電子ピアノといった家具を、仕上がったリビングへ移動です。こんな家具の移動に結構時間が掛かっています。



 ダイニングを攻めています。フローリング材に紙テープを貼って、図面と番号合わせて書き込んで、貼り間違えしないようにしてます。
 この後、キッチンへ移りますが、キッチンには冷蔵庫、食器棚、レンジ台と重量物で埋め尽くされていて、1~2枚貼っては重量物の移動の繰り返しで、まあ手間が掛かりました。その上、床下収納の蓋があり、そのまま重ね張りすると、蓋の回りのアルミフレームに入らなくなり、ここだけは元のフローリングを剥がして貼り込みました。
「旦那、写真がないでござる」
「そんな余裕はないわ」



 さらに翌週29~30日、当初予定になかった玄関と廊下も張り替えすることに。


 別角度から。巾木も外してあります。


 完成後。写真では一瞬ですが、上がり框(かまち)もリモデル用のL字型になっていて、上面と側面を包むようにして貼り込みます。切っては現場合わせの繰り返しで、丸2日懸かり。


 またも別角度から。結局9月をほぼ1カ月使って11ケース、約22畳分のフローリングの貼り込みが完了しました。
「旦那、予備で買っておいた1ケースがそのまま余ったでござる」
「後で2階の廊下でも貼ろうかのう」

 次回からは壁紙の張り替えです。
スポンサーサイト



CRESTツーリングシリーズ2月戦

「旦那、いよいよシリーズ2月戦でやんす」
「半七、そういえばちょうど1年前の2月15日は、思いも寄らぬ大雪じゃったのう」
「旦那にとっては思い出したくもない悪夢でやんした」
「そうよのう、確かに。じゃがのう、もう開き直って今年は『大雪、来るなら来い!』と待っておる」


「半七、見てみい。カーポートがつぶれそうじゃが、なんとかがんばっておった」
「両隣のカーポートは無残にもつぶれて、駐車中の車が押しつぶされていたでやんす」
「左隣のMさん宅は納車10日目の新車がつぶされてしまって、気の毒にのう」
「車を出そうにも、この雪では出すことすら不可能でやんした」


「垣根もこの雪では完全に倒されておった」


「キンモクセイ2本はなんとか無事でやんした」
「いつじゃったか、大幅に刈り込んで、太い枝しか残っておらんかったのが幸いしたかのう」


「テラスは2階屋根からの落雪で、アクリル板が何枚も割れ落ちて、フレームも曲がってしもうた」
「でも旦那、火災保険の雪害が適用されて、建て替え費用が全額出たでやんしたね」


「品薄ということで、完成は6月にずれ込んだが、前よりも豪華仕様になった」

「その上、余った保険金であれもこれも…」
「しっ、半七黙っておれ。しかし実は一つ失敗してしもうた」
「何でやんす?」
「今までのが耐積雪20センチじゃったが、今回は勢いで耐積雪50センチを注文してしもうた」
「頑丈になったんでやんすから、何が失敗でやんすか」
「いや、次に20センチ以上積もったとき、つぶれてしまえばまた保険金が出る」
「それで降雪予報が出ると『大雪、来るなら来い!』と待ち焦がれておるでやんすか」
「カーポートが古くなってポリカーボネートの屋根材がくすんできたから、次はカーポートを新しくしたいのう」
「車がつぶされたら大変でやんす」
「雪が降り出したら、カーポートから出して、庭に駐めておくように嫁に指示してある」
「まったく…」

「さて、去年の思い出話が長くなってしもうた。さっさとシリーズ戦の報告をまとめよ」
「では、まずはJMRCAクラスからでやんす」

【JMRCAクラス】
予選1回目

「旦那、珍しく26周1秒。ベストラップも10秒台目前!」
「1度だけゴロゴロと転倒してしもうたが、着地したところがインフィールドをショートカットしたところだったので、そのままショートカットで行ってしもうた」
「ほとんどタイムロスなしでやんした」


予選2回目

「旦那、今度も26周2秒。ベストラップも10秒台目前!」
「1回目と同じ、ゴロゴロと転倒でインフィールドをショートカット」


決勝スターティンググリッド

「旦那、コントロール台風景は」
「撮影しようと思ったら、スタートのカウントダウンが始まったので、今回は全てパス」


決勝結果

「レース終盤、2番手の田端師匠から『矢端さんを何とかしてくれ』と旦那に声が掛かったでやんす」
「何?背後に迫っているトップの矢端さんを、わしがペースを落としてブロックしろってか」
「旦那にそんなテクニックはないでやんす」
「それもそうじゃが、『抜くなら実力で抜け』と返してやった」
「旦那、トップ争いに巻き込まれないようにストレートエンドで先を譲ろうとしたでやんすが、大回りしすぎて緩衝材の毛布に潜り込んでしまって動けなくなったでやんす」
「マーシャルに救い出されるまでモグラになっておった」
「で、最終ラップが20秒でやんすか」
「目標のブービー賞確保」
「おっ、レース初めてのベストラップ10秒台でやんす」
「10秒967か、一応10秒台」
「旦那、陰でこっそりガッツボーズはやめるでやんす」

JMRCAクラス入賞者

2位:田端師匠 優勝:矢端さん 3位:村岡さん


【フルブーストクラス】
ヒート1 予選1回目


ヒート2 予選1回目


ヒート1 予選2回目


ヒート2 予選2回目

「トップは31周、ベストラップは9秒台でやんす」
「レベルが違いすぎるのう」

フルブーストクラスBメイン決勝スターティンググリッド


フルブーストクラスBメイン決勝結果

1位:とみちゃんと2位:村岡さんがAメイン勝ち上がり

フルブーストクラスAメイン決勝スターティンググリッド


フルブーストクラスAメイン決勝結果

 1周目、後方でガシャガシャがあったものの、上位陣はグリッド順に周回を重ねたでやんす。その中でもTQ:はやと選手と2位:矢端選手が3位以下を引き離しながら、デッドヒートを重ねていたでやんす。そして早くも周回遅れに追いつき、ハヤト選手は難なくパスしたものの、2位の矢端選手が周回遅れ接触してストレートのフェンスに激突。何とか立ち直ったものの、緊急ピットイン。駆けつけてみるとバッテリー固定グラステープが切れてしまって、あえなくリタイアとなってしまったでやんす。
 2位浮上した矢内選手がトップ:はやと選手を追いかけるも、その差は開くばかりでやんした。いつしかその矢内選手の背後にせまったはやと選手が全員周回遅れとして独走でやんす。
 一方、3位スタートの田端師匠と4位スタートのカネゴンがあっちこっちで接触を繰り返し、とうとう2台とも終盤でリタイアしたでやんす。
 そんな混乱をよそに、Bメインから勝ち上がったとみちゃんが着実に順位を上げ、終わってみれば3位入賞でやんした。
 

フルブーストクラス入賞者

2位:矢内マン 優勝:はやと選手 3位:とみちゃん


【12GTクラス】
12レーシングのシリーズ戦でもお手軽カテゴリーということで盛り上がっているそうで、参加者が増えるといいでやんす。
「さあ旦那、いってらっし」
「おう、ギヤ比、アンプ設定、グリップ剤など一切の制限無用で行ってくる」
「旦那だけ特別のレギュレーションでやんす、というか、一人レギュレーション無視でやんす」
「モーターだけは30.5Tを守っておる」
「次回からGT500の21.5Tを付けようという魂胆が見え見えでやんす」

予選1回目

「アーリーさんの11秒361は速いのう」
「旦那のレギュレーション無視でも11秒717でやんす」
「わしはついつい大回りしてしまうでのう」
「ストレートが多少速くても、旦那はタイムに結びつけられないでやんす」
「だからだれからもクレームがでない」
「そんなこと自慢にならないでやんす」

予選2回目

「2回目はベストラップが少し上がったでやんす」
「でも周回は1周減った」
「どこで道草喰ってたでやんすか」
「武士の情け、聞くでない」
「ああ、あそこで一人で転がってたでやんした」

スターティンググリッド

「旦那、欲はかかず、その位置をキープでやんす」
「おう、前の2台にはどうやっても手も足も出ん」

決勝結果

 TQはアーリーさんでやんしたが、ドライバーにカネゴン登場。フルブーストクラスの惨敗のリベンジに燃えているでやんす。カネゴントップに、しばらくはグリッド順で周回していたでやんすが、とみちゃんがミスした隙に旦那が2位に浮上したでやんす。ストレートでとみちゃんを少しひきはなすものの、インフィールドですぐ背後に付かれ、何度かしのいでいたものの、あっさりインをつかれて万事休す。しかしとみちゃんも今日はちょっとミスが多く、またその隙に旦那が先行したでやんす。
 レース半分を過ぎたあたりで、決勝は8分のはずなのに、石岡隊長が「残り45秒」とコール。あれ?5分に間違えて設定したかもしれないと、旦那は残り4周を必死に走行したでやんす。しばらくしてまた「残り20秒」とコール。こりゃあ設定間違い確定とみて、残り2周を何とか逃げ切って2位ゴール!と思った瞬間、「あれ?レースは8分でした」と訂正コール。
 やっぱし、と思ってみたものの、4周も全力疾走したでやんすから、もう気力がついていけないでやんす。石岡隊長からも「もうよれよれで、集中力もないはず」とアナウンス。いったい誰のせいでやんすか。とうとうとみちゃんに抜かれ、と思ったら、少し接触して旦那のマシンがスピン。しかしとみちゃんは旦那の復帰を待ってて先に行かせたでやんす。さすがエキスパートドライバーでやんす。旦那なんか、何度も接触して相手をスピンさせても、待つこともせず、さっさと行ってしまうでやんす。
 「面目ない」
 2位を譲ってもらったものの、トップのカネゴンとの差は一向に縮まる気配もなく、ゴールタイムを間違えた石岡隊長が旦那に配慮して、カネゴンに一時停止のペナルティーを課したでやんす。しかしそんな配慮もむなしく、バトルになるにはほど遠く、とみちゃんも追い上げの手を緩めて、そのままようやく8分のゴールとなったでやんす。
 今回は周りのみなさんが最年長トライバーの旦那を持ち上げてくれたでやんす。
 「かたじけない」

 指定ギヤ比無視も、インフィールドでの立ち上がりが悪く、早めに開けると大回りしてしまい、今ひとつタイムに結び付かないことに気がついたようでやんす。次回からギア比を落とし、アンプを交換して立ち上がり重視でいくそうでやんす。みなさん、もうしばらく大目に見てやってくだされ。
「半七、大儀であった」
「何のこれしき」
 

12GTクラス入賞者

2位:旦那 優勝:カネゴン 3位:とみちゃん

リフォームその1 (2013年9月7日~)

八3
「リフォーム担当の『八』でござる」
「八、田端棟梁からのリクエストじゃ。2年前にやったフローリングと壁紙のリフォームをまとめておけ」
「合点でござる。親分は当初リフォーム業者に見積もりを取ったのでござるが、予想以上に費用が掛かることが判ったので、自分でしようと思ったでござる。範囲は8畳のリビングと10畳のダイニングキッチンのフローリングの張り替えと壁紙の張り替えでござったが、やっていくうちにどんどん範囲が広がって、今はどこまでやるか検討中でござる。」
「玄関の壁紙、2階の廊下のフローリング、洋室もどきの畳をフローリングへ…、八、やりたいことはいっぱいあるのう」
「がんばってやるでござる」
「八も手伝え」
「旦那、八もあてにならんでやんす」
「半七、お主でもよいが」
「zzz」


生活しながらのリフォームは、家具の移動が最初の仕事です。リフォーム業者のスケジュールでは1週間ということでしたが、リビングとダイニングキッチンの家具や電気製品を移動させておくスペースがありません。リビングの隣の6畳間に詰め込むことはできても、冷蔵庫や食器棚など毎日使うものが取り出せない状態になるのは判っています。自分でリフォームする決意をしたのは、予算のこともありますが、家財の移動スペースの問題が1番でした。


家具がなくなってすっきりしました。26年も敷きっぱなしのじゅうたんはソファーの置いてあった場所だけが本来の色に近い色で、他は随分と色褪せてしまっています。
「ダイニングと隣の6畳間は足の踏む場所すらないでござる」
「狭い家だからしかたないのう」


陽の当たる南側は、1センチほどあった毛並みはほとんど”坊主”状態です。
「嫁が毎日掃除機でゴシゴシ吸引するでござるから、じゅうたんと言うよりゴザになったでござる」
「八、だじゃれ言ってる場合でない、さっさとじゅうたんを引きはがすぞ」


じゅうたんは数日前から少しずつ引きはがしておいたので、当日はわりと簡単に取り外せました。


さあてと、いつまでも見てないでこれから戦闘開始です。


ダイニングのほうは最初からフローリングでしたので、じゅうたんを剥がすと約6ミリの段差があります。この段差を6ミリ厚のベニヤで”捨て貼り”して解消します。


その前に、床面に残った接着剤のカスを削り取って下地処理します。
「ゴシゴシ、ガリガリ」
「八、かけ声だけならいらんわ」
9月上旬ですから、まだ残暑厳しく、扇風機を掛けながら格闘してました。


「ゴシゴシ、ガリガリ」
「八、うるさい!」
これも数日前からじゅうたんの端をめくって、少しずつ下地処理してましたので、当日は残っていた2割程度でしたので楽でした。


掃除機でカスを吸い取って下地処理完了。
「パチパチ、お疲れ様でござる」
「まだ始まったばかりじゃ」


捨て貼りのベニヤを敷き詰めてみます。田端棟梁のご指導で、四隅が1カ所にならないようにずらして貼ります。またフローリング材(1818×303ミリ)の接続部とも重ならないように、右上に150ミリ、左上に450ミリの幅でカットしてから張り込むようにしました。


テラス下が作業場となります。昔買っておいた丸のこの活躍の場がようやくきました。
「同じ時期に買ったジグソーはまだ物置の肥やしでござるか」
「そのうち活躍の場が訪れるであろう」


ネットで見た”丸のこガイド”も作っておきましたので、作業はどんどんはかどります。
「八、やっぱり道具じゃのう」


ざっと仮置きしてみました。いい感じです。
「パチパチ、お疲れ様でござる」
「まだ第1ラウンドじゃ」


ここで今回購入した道具の登場。
まずはエアタッカー。ホチキス針のような足の長いU字の釘(?)針(?)の打ち込みに使います。
田端棟梁が貸してくれると言ってくれたのですが、Amazonで6,400円でしたので、エア仕上釘打機と一緒に買ってしまいました。
「親分、缶入りの接着剤、多過ぎじゃござらんか」
「”550~600g/m2”と書いてあるから、リビング8畳を2回分とダイニング・キッチン10畳で26畳分の43m2。計算すると26Kg必要となるから、15Kg缶を2つ買っておいたのじゃ」
「余ったら田端棟梁にあげればいいでござるか」
「定価は1缶24,000円じゃが、7,000円弱で売っている店を見つけた。しかも送料無料」


そして今回の道具の真打ち・エアコンプレッサー登場。
昔からコンプレッサーが欲しくて欲しくて、ついに今回Amazonで22,000円で購入。
「物置の肥やしにならなければいいでござる」
「八、これは今後家具などの塗装やラジコンのゴミ飛ばしに活躍できるのじゃ」


ウレタンボンドを説明書通り、付属のへらでムラ無く、均一に、素早く塗りつけました。
「親分、手にも、足にもまんべんなく塗りまくったでござる」
「そう、手に付くとなかなか落ちん、八、黙っておれ」


朝から始めて、夕飯食べて、深夜までかかってようやく捨て貼りが終わりました。
「親分、写真が4枚前と同じようでござる」
「手足に付いたボンドを落とすのが大変で、写真を撮ることを忘れておった」
「親分、仕事をしている時間より一服しているほうが長かったでござる」
「八、これは仕事ではない。趣味だから楽しみながらやるのじゃ。すぐに終わってしまったら、楽しんでいる時間が少なくなって、もったいない」
ということで、リフォーム1日目が終わりました。
明日からフローリング材の貼り込みが始まります。
「親分、ボンドの蓋を閉め忘れているでござる」
「おっと、しまった…」
<<続く>>

«  | ホーム |  »

プロフィール

相棒・半七

Author:相棒・半七
半七でやんす。
ブログ引っ越しでやんす。
「半七、まめに更新しておけ」
「合点承知」

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ラジコン (19)
未分類 (3)
リフォーム (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR